薩摩の人気の芋焼酎、赤兎馬

最近子育てに余裕が出てきて、夜子供が寝静まった後に少しお酒を飲んだりできるようになりました。

おいしいものを求めて色々飲んでみているのですが、焼酎で最近気になっていて試してみようと思っているのが薩摩の芋焼酎「赤兎馬(せきとば)」です。

赤兎馬とは三国志に出てくる名馬の名前が由来だそうです。

赤兎馬は、原材料に厳選された良質の鹿児島県産黄金千貫を手作業で丁寧に選別し使用されていて、その上質な芋の甘い味わいがとても美味しいそうです。

そもそも焼酎って昔はおじさんが飲むものでしたよね。

私が若いころはまだまだそういった風潮で、私も居酒屋などでもチューハイすら飲みませんでした。

飲むならカクテル、ワイン、日本酒が主でしたが、沖縄に旅行にいったときに酒税法上では焼酎に分類される泡盛を、地元で知る人ぞ知る郷土料理屋でおいしいお料理とともに初めて飲みました。

アルコール度数の高さにビックリしましたが、灼熱の気候の中ロックで強いお酒を飲むのもなかかおつなものでした。

シークヮーサを絞って入れるととてもおいしい。

何度か沖縄に足を運ぶたびにそのお店で泡盛をいただき、すっかりハマってしまいました。

しかしながら、地元東京で焼酎を飲もうとはあまり思いませんでした。

焼酎ブームが来て街のおしゃれな飲み屋さんにも焼酎のメニューが豊富になってきて、友達にも女性でも焼酎を飲む人が現れはじめて、私もじゃあ飲んでみようかなとお店のおすすめをいただいたのがはじめての焼酎です。

が、初心者ゆえにその焼酎の名前も憶えていないのですが、すっきりとして泡盛ほどパンチもなく想像以上に飲みやすいものでした。

そんなに頻繁には飲みませんが、それ以来少しずつ焼酎を飲むようになりました。

この頃は家でも焼酎をちょこちょこと飲んでいて、自分にピッタリなおいしい銘柄がないかと探しているところです。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans